産後の心身の変化は、体が母へ変身している証拠! 

産後の変化は、ホルモンによる防衛本能

産後直後は特に、

それまでとは少し違った行動に出ることもあります。

ホルモンのドラマチックな変化が、大きく影響しています。

 

今回の出産でのなかむらの変化を見てみましょう。

 

・薄暗い闇が好きになる(←愛情ホルモン「オキシトシン」分泌がアップしますね)

・家族の安否、交通安全が異様に常に気にかかる

・夜眠るとき、家の鍵が閉まっているか異様に気になる

・来客などに非常に敏感になる

・外出が怖くなる

・外出する際は、かなり神経をとがらせている

・防災グッズを買い込む。。。。特に食べ物ばかり

・物理的な視野が広くなったように感じる

・数日内に起こったことの記憶力がアップしている気がするが、昔のことはよく思い出せない


産後、急激に高まる防衛本能

なかむらの行動を包括的に見てみると、

「防衛本能」が高まっていることが分かりますね。

「身の安全」に対して、非常に敏感になっている。

 

自分に対して害をなす人に攻撃的になる、

短期記憶がアップする…といったことは、

様々な実験から、

オキシトシンの効果の一つとして知られています。

こうした変化は、哺乳類すべてに当てはまることではないでしょうか。

ね、スマホやPCいじってると忘れがちですけど、

人間は、動物なんですよ(笑)

たとえば想像してください。

原始の時代の出産を。

洞穴で出産した、あなた。

出産直後で体を動かせない。

同時に目の前には、きゃしゃな新生児…。

洞穴には鍵もありません。

窓もありません。

なんでも入ろうと思ったら入ってくる。

あなたと、赤ん坊を守るために、

あなたの神経は、

そりゃぁ、かつてないほど研ぎ澄まされることでしょう!

産後の変化は、あなたの体が正常に機能している証拠なんです。

産後のこころの変化は、母となった証拠

あまりの変化の激しさに驚いたり、落ち込んだりしますよね。

「かつての、わたしはどこへ行ったんだ~~~!!」って。

でもね、安心してください。

ひとつひとつに、意味があるのです。

あなたの体が「子育て」に適応しようとしているんです。

あなたの産後は、どんな変化がありましたか??

でも、しんどいものは、しんどい!

解決策はないのか???

ホルモンの変化によるしんどさを軽減する

超簡単な方法については、次回以降!

 

科学ジャーナリストなかむらあけみのプロフィール

子どもとあなたが劇的に変わる愛情ホルモン「オキシトシン」の話はこちら

産後クライシスの解決についてはこちら

なかむらの講演・ワークショップ情報はこちら

LINEで送る
Pocket